スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームでの勉強とはいかに?

さて随分前のことですが、ペルソナ4の英語版を買いまして、いかがだったというと
なかなかどうして勉強のしがいがある感じでした。

1

もしみなさんが海外輸入版をゲットできるチャンスがあるなら
是非トライしてみると物凄く英語力アップの手助けをしてくれると思います。
ただ一つだけ注意して頂きたいのは、可能であればシミュレーションRPG
(ペルソナ系やアトリエ系)を購入することをお勧めします。

なぜかというと、大半の洋ゲーは、一時停止といいますか、〇ボタンを押して
次の会話を進める、ではなくて、ペラペラしゃべって字幕が消えてしまうので
この単語の意味って!?って思って調べようと思っても間に合わない。
戦争ゲーみたいなのは特にね。おすすめできないですはい。

こちらの国では、割とゲームが若干安く購入できることが多いです。
例えば日本だとペルソナ4、当時3000円くらい?だったと思うんですが
こっちだと新品19ドル前後で買えます。TAXがかかるのでほぼ同じとも
言えるんですが、教材費も含めると考えると全然アリですねはい。

ちなみにPSVITAはリージョンフリーという言い方であってるか
ちと分かりませんが、国違いのソフトウェアの影響を受けないので
もし皆さんがPSVITA日本版を持ち込んでも、「パッケージ版」を買えば
問題なく使用できます。ただここからが注意です。

-読んでいただきたいこと-
ご存知の方もいると思いますが、PSネットワークは各国ごとに制約が異なります。
例えば最近、私は「トトリのアトリエ」のDL版(ゲームショップのDL版)
を購入してダウンロードしようとしたら弾かれてしまいました。
これは面白いことに、例えPSVITAの言語を英語にしても、PSNの登録地が
日本なので、PSNは日本式のままなんですよね。変更不可です恐らく。

この状態だと、もし海外でDLソフトをゲームショップで購入しても
PINコードが日本版PSNだと認識しないのでDLできません。
PSNカード(ITUNEカードみたいに課金できるやつ)も同様です。

更に面白いのは、うちのルームメイト君も最近VITAを買ったのですが
PSNのDLゲームタイトルは北米版一緒で、トトリのアトリエも当然DLできたの
ですが、何故かPSNカードだけは課金できませんでした。

その場合どうするかというと、PSVITAは複数のアカウントを持てないので
(PS3でいうところのサブアカウント)ゲームデータ、セーブデータ、更に最初に
登録したアカウント(私の場合は日本で取得したPS3のtama-loveアカウント)
全てをフォーマットしなければならない事になります。そのうえで北米版の
アカウントを所得し、完全北米版仕様にしないといけません(本体の言語は変更可)

ただこれをすると、PSNは当然全部英語になるだけでなく、もし日本に帰国した際に
恐らく日本でPSNが使えなくなるんですよね。アップデートは分かりませんが、恐らく
ゲームをダウンロードしたり、PNSカードとかは使えないと思われます。
というわけで当然再フォーマットが必要ですし、そうすると恐らくアカウントも
再変更なのでトトリもできなくなるでしょう、困りますねぇ
(元々日本ではゲームしないのでさして困らない)

要点をまとめると
・日本版のPSVITAを海外に持ち込んでも、パッケージ版はできる。
・ダウンロード版、PSNカードのチャージは通常ではできない。
・もしやりたいとなると、フォーマットが必要になる
(日本のPSアカウントは削除されません)
・後から日本のアカウントに戻せるが、そうすると今度は海外アカウントは使えない。

こんなところでしょうかね。日本でプレイする分には、アマゾンやゲーム屋さんで
海外版のパッケージ版を買えばなんら問題ないと思われますね。ただ本当に
英語スキル0だとかそのゲームに近いものをやったことがないとかだと相当
大変かも・・・?
(私の場合はペルソナ3はやったことあったのでそれなりに問題なかったのです当時は)

長くなりましたが、是非是非お時間ある方はトライしてみてください。英語版ボイス
なんで結構面白いですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おりたま

Author:おりたま
ネット界隈でぶいぶい(死語)言わせ
始めてからもう10年経つんだ・・・
嘘みたいだろ・・・今年27歳

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
今までの視聴者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。