スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年を取ったなと思うこと。

年齢も25、アラサーと呼ばれる年齢に入った今ですが
なんとなく、いや年齢のせいにするわけじゃあないんですが
物事に対して、特に購入欲に対して消極的というか、弱気になったなと
最近ふと思うことがあります。

もちろん、近年中にやりたいことがあるのでその資金繰りをしてるといえば
そうなのですが、それとはまた別に「なんとかなるさ」「大丈夫大丈夫」
こういう感覚が薄くなってきてると思います。正直危機感というか
つまらない人生方向に進んでしまっているんじゃないかと不安になる。

友人が結婚して、子供が出来て、それでもアーケードスティック
(格闘ゲームとかで使うガチャガチャ)の30000円の商品が
欲しいといって最近一緒に購入しましたが、正直当初の私は
「こいつ貯金とか考えてるのかw」と思う反面、「思い切りが良い奴だな」
と一種の尊敬のような物を感じました。
友人は私よりもお金の使い方が難しくて人生設計も必要で、守るべきものもあるのに。

(何が尊敬だ、全く将来のこと考えろよ!と思う人の意見は今回割愛させてもらいます)

例えば自分が欲しい服を見つけたり、物を見つけたり、違うアプローチをすれば
異性と交際してる食事代を奢ってみたり、デートコースで起こる費用を払ってみたり
そこで生まれる消費というのは、人によっては「もったいない」と思うかもしれませんが
当の本人からすればそれは充実した消費なんだろうなと思います。

それは今まで私も何度か経験してきたし(何かをプレゼントしたり、たっかい楽器を買ったりね)それ
自体はやっぱり充実した消費欲の解消だったなと思います。

しかし最近、それがどうも薄れている、興味に欠けていると気付いた時、なんとなくですが
自分は「若くないんだな」なんて軽く落ち込んだりします。

今から1年半前、清水の舞台から飛ぶ(自分にとってはね)思いでBMWを購入したような
あの後ろを振り向かない姿勢は、人生のスパイスとしては大事だったんだなと感じるし、結果的に
それに後悔どころか満足をしている自分を振り返ると、躊躇する事を乗り越える事っていうのは
とても大事なのだなと思います(もちろん我慢も時には大切ですが!)

クレーンゲームにうん千円使ったり、ゲームソフトや書籍にお金を費やしたり
そういう、興味のない他者から見た「無駄なこと」っていうのは、それを「実行している」本人の
人生にとっては、無駄と思っている人間が味わうことがない一つの充実で、最近では
それがとても羨ましく思えてしまう今日この頃です。

別に私がそうだからといって、同い年とか年上がそうなのだろうと言うことはないのですが
今何か踏みとどまっていること、悩んでいること、実行しかねている何かを持っている人は
思い切って前に進んでみてはいかかでしょう。

私も最近は、大したことじゃないですが、何かに誘われたり、何かをする機会がある時
それをするか、断って家の中でぼ~っとしてるかの2択であれば、前者を選ぶようにしています。
そしてその機会を無駄と思わず、十分に楽しむことにしています。
不思議と子供の頃と違って、行動する方を選んで失敗したなと思うことが少なくなった気がします。

それだけは、色々な動き方、考え方ができるようになった大人の特権なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おりたま

Author:おりたま
ネット界隈でぶいぶい(死語)言わせ
始めてからもう10年経つんだ・・・
嘘みたいだろ・・・今年27歳

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
今までの視聴者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。